令和元年11月 J-SCORE定例講演会(農・食・健康)

開催日時 令和元年11月30日(土)13:30~16:45 (受付:13:15~)
開催場所 山本国際学園:東京トランスナショナル日本語学校 2階会議室
(正面玄関 右側のエレベーターからお上がりください)
住所:〒143-0016 東京都大田区大森北1-16-6(JR 大森駅から徒歩4分)(アクセス・地図
主催 一般社団法人日本シニア起業支援機構(J-SCORE)
(未来農林事業開発研究会事務局長 荒木 義修)
会費 実費(テキスト代、部屋代など諸経費)を参加者から頂きます。

  • J SCORE 会員 および学生:1,000円
  • 事業協力提携先 (SEF、BIS、BWGの事前登録者に限る):1,500円
  • 一般参加者:2,000 円

講演プログラム

総合司会:荒木義修(未来農林事業開発研究会 副会長)

挨拶(13:30~13:35)
  • 松井 武久(J-SCORE 代表理事)
講演1(13:40~14:40)
  • 表題:「 国産野菜の新たなサプライチェーンと FSL 物流の取組み 」
  • 発表者:有井雅幸 デリカフーズ株式会社東京事業所 執行役員 品質管理室長
  • 紹介内容:野菜に対する顧客ニーズは「安全・安心、鮮度・おいしさ、栄養価・健康機能」ですが、生産から流通・加工、調理・消費までのフードチェーン全体で連携して取り組むことが重要です。野菜品質評価指標デリカスコアに基づき、国産野菜の優位性を構築する新たなサプライチェーンと FSL 物流の取組みを紹介します。
講演2(14:55~15:45)
  • 表題:「 地中加温による農業改革 」
  • 発表者:杉浦 武 雄 株式会社ラジアント 代表取締役
  • 紹介内容:「深層地中加温」(本法)は昨年、農水省の「低コスト化・高収益化に資する農業実用化技術の募集」に応募し、環境保全型農業として同省の HP に記載 されている。本法を施設ハウスに導入し、異常気象・コストパフォーマンスに長け、地域木質バイオマス燃料を利用し、環境に優しい持続可能な農業を地域一体型産業として地域を活性化する。
その他(15:50~16:50)
  • 次回の定例講演会発表希望者(当日受付で予約:5分間で簡単に紹介下さい)
  • 参加者から自己紹介、感想、意見、提案、情報提供など
  • 事務局からのお知らせ(来年度1月25日の産学官シンポジウムのご案内、その他)
  • 終了後の J SCORE 総会へのご案内( 17:15 から入新井集会場、徒歩3分)

講演会の詳細は下記よりダウンロード出来ます。

ダウンロード 11月度J-SCORE定例講演会開催案内(農・食・健康)

お申込みフォーム

下記の申し込みフォームに必要な事項を記入の上、お申込みください。